愛知県名古屋市近郊の調査・探偵・興信所|中部・東海地方を含む日本全国対応|不倫調査 浮気調査 証拠収集 映像撮影|行動調査 素行調査 人物撮影|盗聴器盗撮器(盗撮カメラ)の発見・確認調査 GPS端末(GPS発信器)販売|臨機応変 柔軟対応 日時指定不要 緊急出動 依頼者同行|消費税・着手金無し 分割対応|証拠撮影 弁護士紹介|愛知県豊田市 アイス・ブルー探偵社

弁護士からの仕事…(2)

ラブホテルなどの証拠の回数について(1)

ラブホテルなどの証拠の回数について(2)

ラブホテルなどの証拠の回数について(3)

報告とかについて(1)

報告とかについて(2)

報告とかについて(3)

報告とかについて(4)

報告とかについて(5)

僕はそんなこんなで、同業他社の探偵事務所同様、何故か愛知県豊田市以外の複数の弁護士事務所からも仕事を…ってことにも。
実際、弁護士さんからウチを紹介されてきたっていう人達、何人もいると思うんだけど。
まぁそれなりにこの仕事をしてきたので…僕なりの忖度なく思ったことや経験をダラダラと。
なので地域によっては弁護士紹介も出来ますよ。

弁護士により考え・方針、解釈などが違うので、弁護士に合わせて調査方針を変えるなどの対応をしてます。
また地域により裁判所の判断相場も変わるため、その裁判所の管轄内の弁護士の判断に調査方針も対応。

ラブホテルなどの証拠の回数について(1)

探偵事務所に相談したり、問い合せをしたりして。
または、ネット上の情報などで、何かって言うと…

 

「ラブホテルの証拠は、最低でも2回以上必要!」
「3回以上必要!」
「言い訳されないようにとか、悪質さをとなれば、回数が必要!」
「継続性となると回数が…」

 

ってなコトを見たり聞いたりすると思うけど。

 

しかしウチのサイトなどで、僕は…

 

「それなりに撮れてれば、1回で十分だと思うけどね…」

 

って散々書いたり言ったりしてるけど。

 

僕は…色んな弁護士さんからの仕事を色んなパターンでしてきてるけど。
毎回、どの弁護士さんからも、

 

「それなりのモノが撮れてれば、1回で十分です。」

 

って言われてるのね。
一人や二人の弁護士さんではなく、僕が関わってる弁護士事務所のどの弁護士さんもね。

 

直接、僕と弁護士、依頼者…3人であって、打ち合わせなどの時も、弁護士さんから、

 

「とにかくそれなりのモノが1回撮れれば十分なので。」

 

ってコトで、それを前提に、調査方針や見積もりを…って感じの話をしてるし。

 

直接、弁護士さんと調査契約っていうケースの時も、依頼者である弁護士さんから、

 

「とにかくラブホとか、1回でも撮れれば良いので。」

 

っていうことで、調査1回分(1日分の調査)の契約を交わして…って感じだったりなので。

 

また、ただただ弁護士さんから、紹介されて…
ってケースの人たちであっても、よくよく聞くと…

 

「とりあえず(僕に相談とかして)、何か1つ撮れたらまたそれ持って相談に来て…」

 

みたいな?
そんな感じのコトを、弁護士さんから言われたっていう人たちが多いし。

 

「で、もし足りなければ、そのを補う程度の調査を追加で行えば良いだけだし。」

 

ってね。

 

他社は知らないけど。
僕?ウチ?の場合…どの弁護士さん達からも言われてるコトとして。

 

とにかくバレずに…っていうコトは当然として。

 

「できるだけ依頼者の金銭的な負担が少なく」
「なるべく効率よく速やかに…」
「必要最低限のモノだけで良いので」
「出来るだけ分かりやすいモノを」

 

って感じの事を言われてるので。

 

で、こういったことを加味して、弁護士さんを交えてとか…
弁護士さんは入れずにであっても、色々考えると…
結局は、調査にかける時間や日数、人員などは極力最低限になるようにしなきゃならないわけで。

 

ってコトは、できるだけ1回分だけで、全てを物語ることが出来るモノが撮れれば。

 

僕は、直接弁護士さんを交えての打ち合わせてあったり…
直接、弁護士さん自身が依頼者となっての案件であったり…

 

のケースで、どの弁護士さん達からも、

 

「とにかく1回分がちゃんと撮れれば。」

 

って言われるのね。

 

「もし撮れた映像を見て、足りなそうならば…その時は、足りない分だけのを追加で。」

 

で、どの弁護士さん達からも言われてるのね。
僕の場合、だいたい9割以上が…1回だけので、弁護士オッケイ貰ってるのね。

 

また、依頼者達の中には、それでも不安に思って…セカンドオピニオン的な感じで、あちこち自分で探した弁護士数人にのとこに、法律相談で押さえた証拠を見てもらって…
っていう人たち、何人もいるけど。

 

ほとんどの相談に行ったほとんどの弁護士は、僕の1回分だけでオッケイ言われてるって連絡が。

 

だから、それなりにちゃんとポイントも押さえて、撮影出来てれば…
調査料金って、1日、1回分だけで終わるけどね。

 

実際、直接弁護士さんと契約を交わした時のも…
調査日数1日分だけの契約とか?

 

弁護士さんを交えて、弁護士さんの目の前で、依頼者と直接の契約の時も…
調査日数1日分だけの契約とか?

 

とにかく、とりあえず1日分だけ、1回分だけの調査契約を。

 

で、実際に調査をやってみて…もし足りなかったら、その状況を踏まえて、足りない部分を補うだけの追加調査。

 

弁護士さんからの仕事であっても、だいたいこんな感じだよ。

ラブホテルなどの証拠の回数について(2)

弁護士事務所で、僕、弁護士、依頼者…
って感じで、3人で話ってコトを、色んな弁護士事務所でしてきたことあるけど。

 

その場合、そもそも僕と弁護士が面識が全くないっていうケースもあれば…

 

僕は面識もないけど、弁護士は僕の報告書は何度も見たことがあるっていう場合もあれば…

 

当然、僕と弁護士双方、面識があるって場合…。

 

さまざまだけど。

 

僕も弁護士も、双方ともに初めてっていう場合は別として。
それ以外の時、依頼者が…

 

「ホントに、それなりに撮れていれば、1回だけで十分ですか?」

 

って心配になって弁護士に質問する場面って何度も見たことあるけど。
いくつかの弁護士事務所で、こんな場面を何度も見てきたけど。

 

どの弁護士さん達も、

 

「それなりに撮れてれば1回分だけあれば十分です。」

 

って言われてるね。

 

で、弁護士によっては…

 

「逆に、ラブホテルなどの映像が、複数回…極端な話、レベルが低くて使いないモノであれば、たとえ100回分のラブホテルの映像があっても、価値はゼロなので。
100回分のラブホテルのがあっても、ゼロ回と変わらないので。
だから押さえた回数の問題ではないですよ。」

 

って依頼者に説明していた弁護士もいたかな?

 

とにかく、弁護士さん達が依頼者に、

 

「回数の問題ではなく、内容や状況、映像レベルなどの問題なので。」
「ちゃんと必要なポイントを押さえることが出来てるかどうかが重要なので。」

 

って感じの説明をされてるのを横で聞いてたかな?

 

弁護士さんからの紹介案件の中には…
すでに、他社に頼んでて、ラブホを押さえたっていうのを持ち込まれて…
っていう人たちのもあったりするのね。

 

でも僕のところに来るってコトは、そー言う事なんだよね。

 

で、どの弁護士さん達からも言われるのは…

 

「ラブホの映像かどうかでもなく、それを撮影した回数の問題でもなく…
とにかく証拠として使えないんだよね…。」

 

って感じで。

 

また、別の弁護士さんからのでは、

 

「どうやら、某探偵事務所に頼んで、成功報酬でラブホテルのを押さえたっていうコトで持ち込まれたんだけど…
たしかに、ラブホテルの映像なのかな?って感じだけど。
たしかに、ラブホテルで撮影したっていうコトは成功してるのかな?
でも証拠として成立してるかどうかは別の話なのでね…」

 

と言って、苦笑して…僕に弁護士さんから連絡があって。

 

結局僕が改めて、調査を…っていうケースの人もいたかな?

 

なので、成功報酬制での調査についても、

 

「ラブホテルのを押さえたら成功。」

 

こんな定義ではなく、

 

「弁護士に見てもらい、証拠として十分と言われたら成功。」

 

こういう事前契約してなきゃダメだよね?

ラブホテルなどの証拠の回数について(3)

これは実際にあった話なんだけど。

 

ウチの依頼者で、ウチに相談依頼する前に…ネットとかで検索すれば、すぐに見つけることが出来る探偵事務所に浮気調査を頼んでて。

 

で、ラブホテルも2回分の撮影も終わってると。
でもって、相手の身元調査も既に終わってると。

 

が…これまでの調査で、一度も相手の顔が撮影してあるのを見たことが無くて。

 

浮気の日とは別に、追加で浮気相手の人物撮影の調査も頼んだらしいんだけど。
密会してる日じゃなければ、警戒もしてないだろうと思って…らしいんだけど。
それでも相手の顔がまともに撮影できなくて。

 

それで、とにかく相手の顔が見てみたいってことで…
探偵事務所を変えてみようと。

 

で、そんなこんなでウチに相談依頼ってことに。

 

で…そんなこんなで、僕が頼まれた日に密会し、ラブホテルも撮れたのね。
でもって、相手の顔も撮れたのね。

 

その日1日だけの調査で。

 

とりあえず、依頼者は初めて相手の顔を見たってコトで、満足して…どこかの弁護士事務所に報告書を持って相談に。
ちなみに、どこの弁護士かは僕は知らないんだけど。

 

依頼者の話を聞いた感じからすると…最初話をしてた感じからすると、その弁護士は…

 

「ラブホテルの映像は、最低でも2回分は必要…」

 

って感じの考え方の弁護士っぽかったらしい。

 

で、まずは最初に頼んだ探偵事務所の報告書を見せたら…

 

「ふんふんふん…ラブホテルのは2回分あるんですね?
これなら証拠として問題ないですかね?」

 

って言われたらしい。

 

その時、ウチの依頼者は…

 

「相手の顔とか撮れてませんが…大丈夫ですかね…?」

 

って質問したら、

 

「まぁ相手がそれなりに特定できるような感じなので、よっぽど大丈夫なのでは?」

 

って言われたらしい。

 

そのあと続けて…

 

「実は、このあと1日だけ、他の探偵事務所にも頼んだのですが…」

 

といって、ウチのを見せたら…

 

「ほーーーー。
これなら、この1回分だけで十分です。
さっきのは無くても良いです。」

 

って言われたらしい。

 

当初、何となく…2回分以上必要…みたいな雰囲気の弁護士だったらしいんだけど。
僕のを見たら、僕のだけ1回分だけで十分だとさ。

 

で、

 

「前の探偵事務所の2回分については…あっても無くてどっちでも良いけど、とりあえず使うなら…オマケとして使うかも?」

 

って言われたらしい。

 

依頼者の話だと、その後ずーっと僕の撮影した映像を見ながら…

 

「これ、どーやって撮影したんだろ?」
「ここ、いくらだったの?」
「ここどこの探偵事務所???」

 

って、ぶつぶつ言ってたらしい。
ちなみにこの案件…たしか、愛知県じゃなかったので、遠いってコトもあって、その弁護士から仕事の紹介ってたぶん無いかな?

 

僕も後日談的な感じで、依頼者から聞いただけの話なので、実際その場にいたわけでもないので。
実際のその場の雰囲気が、どうだったか知らないけど。

 

その話を聞いてて…僕がこれまで関わってきた弁護士さん達が言う…

 

「それなりに撮れてれば1回分だけあれば十分です。」

 

「逆に、ラブホテルなどの映像が、複数回…極端な話、レベルが低くて使いないモノであれば、たとえ100回分のラブホテルの映像があっても、価値はゼロなので。
100回分のラブホテルのがあっても、ゼロ回と変わらないので。
だから押さえた回数の問題ではないですよ。」

 

「回数の問題ではなく、内容や状況、映像レベルなどの問題なので。」
「ちゃんと必要なポイントを押さえることが出来てるかどうかが重要なので。」

 

っていうコトが頭に…。

 

どの弁護士さんと話してだったか、さっきの依頼者と話してだったか、誰と話してだったか…忘れたけど。

 

「弁護士さんでも、2回以上必要とかって言ってる人は…
もしかしたら、レベルの低い報告書のばかりしか、見たことないのかも?」

 

「探偵事務所の人で、複数回分が必要っていう探偵事務所は…
1回で十分と分かってても、複数回分の調査依頼が欲しくての営業トークをしてるのか?
ホントに、毎回1回分だけでは弁護士のオッケイがもらえてない…低レベルの探偵事務所か?」

 

「一般の人で、複数回分が必要って言ってる人は…
低レベルな探偵事務所に依頼してしまった人なのか?」

 

って感じなのかもね?

 

って。

 

たしかに、

 

「ラブホテルなら1回分さえあれば十分です。」

 

っていう弁護士さんであっても、アパートなどとなれば…

 

「入りと出の場面とか…しかも複数回分は欲しいよね?」

 

っていう指示を弁護士さんからされるけど。

 

それでも毎回毎回、入りと出の場面撮影の必要性があるわけでもなく。

 

「残りの回数については…」

 

って、もっと楽な回数の狙い方を弁護士にアドバイスされてる人が多いよ。

 

って考えたら、やっぱりとりあえず1回何かを押さえたら…探偵事務所の人が何を言おうが…
1度、弁護士に見てもらう。

 

で、判断してもらう。

 

これが一番効率良くて、安上りかな?と。

 

もし残念な探偵事務所だと言われたら…そこでつづけて何回分も頼んだところで、

 

「回数あっても、価値はゼロ。
ゼロ回分と変わらないので…」

 

ってね?

報告とかについて(1)

これまた、弁護士さんにもよるって言うか…
かなりのレアケースだと思うんだけど。

 

たぶん、たまたま?とある弁護士さんと以前話してて。

 

ウチって、「パターンA」のって、映像は日時入りの動画がメインなんだけど。

 

で、その話をしたら…

 

「静止画は動画に出来ないけど、動画は静止画に出来るので。
動画で提出してくれたら、こちらで使いたい場面を選んで静止画に抜き出すこともできるので…
それならその方が良いかな?」

 

っていう弁護士さんもいたかな?

 

そうなんだよね。

 

文章とかも含めて、紙媒体の冊子の報告書よりも…
必要な部数分、勝手に印刷が出来るので、データの状態のが良いっていうのと同じで…

 

一般の人や探偵事務所の判断ではなく…
弁護士自身の判断で、欲しい場面の静止画抜き出しが…。

 

っていうことを言ってた弁護士さんも、そー言えば、いたんだよね…。

 

たぶん、そんな作業って…
それなりに手間になると思うので。

 

そんなこと言う弁護士さんって、かなりのレアだとは思うけどね…。

報告とかについて(2)

そー言えば、僕が駆出しの頃、とある年寄りの弁護士さんの仕事をしてた時、静止画の一覧の写真集を見せたら…

 

「これとこれと、これ。あとこれかな?
それ以外は、無駄だし、不要だから。
今選んだ写真だけを使って、再度作り直して。
あとここと、ここの文章もいらないから削って。」

 

「探偵事務所の報告書ってのをみてると、意図的なのか、無意識なのか知らないけど…
どこか必要以上に、客へのアピールすることを、主目的に考えて作られてるみたいな感じだけど。
弁護士が欲しいのは裁判で必要と思うモノだけがあればいいの。
だから弁護士が作成するものは、そんな余分なアピールっぽい物や場面や文章はいらないの。
とにかく裁判提出するための資料なので。
それ以外の余分な文章や写真は、不要なので。」

 

みたいな?

 

僕はそれまで色んな探偵事務所の仕事をしてきてて…
その探偵事務所ごとに、報告書の書き方は色々だったりして。

 

で、探偵事務所ごとに、報告書の書き方とか?そういうのを教えられたりとか。

 

また探偵事務所によっては…
その探偵事務所の報告書の書き方みたいなのを渡されて、

 

「それを参考にして報告書作って!」

 

っていう元請けもあったり。

 

で…
僕は、色んな探偵事務所の仕事をしてて。
その都度、それぞれの探偵事務所に言われた通りに、そこに合せた調査の仕方をするように、報告書作成したりも。

 

だから、探偵事務所によって、表現方法とか?業界用語と思われる言葉が…
実は、業界内共通なわけでなく、その探偵事務所独自の言葉だったり、表現だったりとか?

 

その探偵事務所の取引先内だけでしか使われてない言葉であるとか?

 

そういうことを知ったわけだけどね。

 

と同時に、色んな探偵事務所に関わったりして来てたので…
関わってきた色んな探偵事務所の報告書の書き方などを含め、
良いとこどりとか、参考にしたり…
してたんだけど。

 

だからある意味、色んな探偵事務所に関わった数だけ、関わった事務所のごとの…
様々な探偵事務所の良いとこどりのミックス的な感じに、
ウチの報告関係のって…
いつしか、そんな感じになったんだけど。

 

そんな駆出しの頃、先ほど書いた…
そのとある年寄りの弁護士さんの裁判提出用の資料作成をさせられて。

 

ほぼボランティア感覚で作業させられることに。

 

で、その年寄りの弁護士さんに、探偵事務所の目線での報告書…
ってのではなく、弁護士目線での報告書ってモノを教えられたわけね。

 

それ以降、ウチの報告書って、だいぶ変化したのね。

 

そもそも根本的な目線?作成時の考え方?
とにかく、そういうのが、変わったんだよね。

 

これまでは、僕が当初とある探偵事務所から教えられた書き方ってモノがあって。
それを基本として…様々な僕が関わってきたあちこちの探偵事務所の報告書の良いとこどりのミックス的な感じ?
アレンジを入れたりして…だったのが。

 

それ以降は…

 

その年寄りの弁護士さんから教えられた書き方を基本に…。
そこに様々な僕が関わってきたあちこちの探偵事務所の報告書の良いとこどりのミックス的な感じ?
アレンジを多少入れたりして…みたいな?

 

なので、僕の報告書を見たことがるっていう弁護士さんが、最初に言うのが…

 

「色んな探偵事務所の報告書を見てきたけど。
なんとなく他の探偵事務所のと比べると、探偵事務所の報告書っぽくないね。
どちらかと言うと、弁護士の作る提出用の資料みたいな感じだね?」

 

「とは言え、どことなく、やっぱり探偵事務所の報告書みたいな要素もあるにはあるし。
だから、あらためて作り直さず、このままこれを使っても良いかな?
って考える弁護士もいるんじゃないかな?」

 

って言われたりも。

 

で、たいてい…
何故、ウチの報告書が、そうなのか?
ってコトを当然、質問されるのね。

 

そこで…

 

「とある年寄りの弁護士さんに…」

 

ってな話をすると、どの弁護士さん達も笑いつつも、みんな納得するみたい。

 

今思い出したんだけど。
とある弁護士さんが言うには、ウチに仕事を…

 

って考える理由として。

 

これまで色んな探偵事務所の報告書を見てきた中で、撮影された映像が良かったとか?

 

実際に調査依頼した依頼者の証拠を押さえるまでの最終支払い総額が安かったとか?

 

そんなこんなもあるけど…

 

ウチの報告書の書き方が、色んな探偵事務所の報告書を見てきた中で、一番弁護士のモノに近いので…
あらためて作り直さずそのまま使えるから良い。

 

ってことを言われたかな?

 

とにかく、ウチの報告書の書き方が…
ってコトを言われたことがあったな。

報告とかについて(3)

駆出しの頃、とある年寄りの弁護士さんから報告書…
っていうか、弁護士の裁判提出の書類作成の仕方を教えられて。

 

それ以降は…

 

ウチの報告書って…
そんなこんなで、色んな探偵事務所の報告書の良いとこどり…
ってのは、多少はアレンジして相変わらず取り入れてはいるけど。

 

しかし、どちらかと言うとその年寄りの弁護士さんから教えられた書き方?ってのを基本としてるのね。

 

そこに、色んな探偵事務所の報告書の良いとこどりしたのをアレンジして付け加えてるって感じかな?

 

だから、色んな探偵事務所の報告書と比べ…
あっさりしてるっちゃぁあっさりしてるとも言えなくもないけど。

 

でも、必要と思われるコト以上の文章や表現とかは行ってなかったりとか?

 

また、それ以降に関わった弁護士さんが、どちらかと言うと、変なこった冊子とか、そー言うのではなく…
テキストベースでのシンプルなものを好む弁護士さんが多いので…

 

TVなどで見かけたりもする…
大手?有名?な某元請け探偵事務所とかだと…
報告書内の文字の大きさ、フォントの種類、文字の色指定とか…
謎の指定とかを、場面や箇所ごとに指定してくるような探偵事務所もあるけど。

 

そんな無駄な事とかは、ウチは一切行ってないですね。

 

また、別の大手?有名?な元請け探偵事務所とかだと…
そもそも本来の調査目的とかとは関係ないと思われることであっても…

 

(例えば…勤務先割り出しとか?住所割り出しとか?)

 

何故か、調査対象者のその時のファッションについて、細かく書かされたりとか?
何故か、対象の接触者が犬を連れてたら、その犬種について調べて報告するように言われたり?

 

浮気調査でもないのに、たまたまラブホテルに立ち寄ったら…
そのラブホテルの料金設定について、調べて報告させられたり?

 

「ってか、これって何の調査なん???」

 

っていう謎の余分な作業をさせて、それも報告書内に書かされたりとか?

 

言っちゃぁなんなんだけど…
僕が弁護士さん達の仕事をしてて、そんなの求められたことないからね。

 

例えば、その時の対象のファッションであれば…

 

「映像見れば分かるよね?」

 

接触者の連れてる犬の犬種が必要であれば、それも見れば…。

 

とにかく、報告書の無駄なページ数稼ぎみたいなのが多く求められるんだよね。

 

前項で書いたように、こんなのその年寄りの弁護士さんに見せてたら…

 

「ここの文章もいらないから削って。」

 

で終わりだよね。

 

っていうか、直接、弁護士さん達と話して仕事をしてると…

 

ホントに必要な文章、必要な映像、必要な表現…ってのは何なのか?

 

ってコトを常に考えながら、調査を行い、報告書作成するようになるのね。

 

そんな視点から、色んな探偵事務所の報告書のサンプルとか?
報告書の書き方を見せられると…

 

マジ、探偵事務所の報告書って…つくづく無駄が多いかな?
って思う。

 

とくに、大手や有名、老舗の探偵事務所の報告書になればなるほど…
おそらく、依頼者から大金貰ってるってコトもあるかななのか?

 

必要以上の高額な調査料金契約の探偵事務所ほど、無駄が多い報告書って感じがする。

 

ってコトは…それを弁護士事務所に持ち込まれたとき、弁護士事務所の方で、添削作業と作り変え作業と言う…
無駄な作業が増えるってコトで、嫌がられたりも…。

 

だからかな?
弁護士さんによっては…毎回、

 

「余分な表現とか、余分なものは不要なので。
とにかく、テキストベースで必要な事だけを書いて、メールで送ってくれる?」

 

って言ってくるんだよね。

 

それだけ、使いづらい探偵事務所の報告書作成してる探偵事務所が多くて。
そういうとこに調査依頼したのをを持ち込む人たちが多いって事なんだよね?

報告とかについて(4)

以前、どこかで見かけたんだけど。

 

「文章と映像が別になってる報告書の探偵事務所は良くないです。」

 

ってなコトを書いてる探偵事務所のサイトを見かけたことがあるんだけど。

 

で、そこの探偵事務所のサイトには、報告書のサンプルがあって、実際…
時間、状況の文章、その場面の写真。

 

ってのが、ページ内に並んでて。

 

時間や文章に対して、常に写真が。
っていうか、写真に対して、常に時間状況を示す文章が。

 

って感じになってるんだけど。

 

で…
実は、僕も最初の最初、駆出しの頃は、その書き方を教えられたんだよね。
でもすぐに、文章と映像が別派に変わったの。

 

これについては、駆出しの頃…
どこかの探偵事務所の仕事をしててだったと思うんだけど。
それがどこの探偵事務所のだったか忘れたけど。

 

その時、関わってた探偵事務所の報告書が、文章と映像を別々だったんだよね。
たぶんね。

 

あの当時、掛け持ちで複数の探偵事務所の仕事を同時にやってて…
あんま寝てなくて。

 

だからその頃の記憶がイマイチあいまいなので…。

 

で、同時並行して…
その時、とある年寄りの弁護士さんの裁判提出用の作成のもやってて。

 

で、一旦作成をしても、その弁護士さんに添削されて、また作り直し…
ってコトをしてたり。

 

その時、文章と写真とが別の方が、添削されて、作り直し…
って時に、直しやすいと思ったし。

 

そもそも、その年寄りの弁護士さんも、どちらかと言うと別の方が良いみたいな感じだったので。

 

ってコトで、その頃には僕は完璧、文章と映像は別派となったかな?

 

あと、その後、また違う弁護士さんからの仕事とかをやってて…

 

特に、毎回、

 

「余分な表現とか、余分なものは不要なので。
とにかく、テキストベースで必要な事だけを書いて、メールで送ってくれる?」

 

っていう弁護士さんの場合、フォントの種類、大きさや色…どころではなく。

 

テキストメールで、文章を書いて…
あとはメールに、その弁護士さんが欲しそうな写真を添付して送信。

 

っていうのを最初から希望されるのね。

 

ワープロソフトなどで文章を書いた中に、時系列の中に、ところどころ画像を埋め込んで入れて…
って感じのを求められてないわけさ。

 

これは弁護士さんにもよるのかもしれないんだけど。

 

僕が関わってる弁護士さんたちは、ほぼほぼこんな感じなので。

 

一度…

 

いつも一般の依頼者への報告の時は、当然…
ワープロソフトで書いて…そこに画像ファイルとかを入れて…みたいな?
で、それをPDFにして、メールで送ってるので。

 

一般の依頼者へ送るのと同じのを、そのままその依頼者の担当の弁護士さんにも直接メールで送ってしまったことが。

 

そしたら…

 

「こちらへは、そういう余分なの要らないので。
テキストメールで文章打って、必要な写真だけ添付して送ってくれればいいので。」

 

って言われたので。

 

とは言え、この弁護士さん以外は、ウチが依頼者に提出してる…
文章と画像が別で、PDFのデータ状態ので、とくに何も言われないけどね。

 

別のある弁護士さんは、

 

「アイス・ブルーさんの報告書は、よっぽどそのままで使えちゃうから良いけど。
もしかしたら、こちらで作り変えしなきゃならないかも?
ってコトを考えると…」

 

って言われたことがあるので。

 

それ考えたら、基本的には、最終的にそれを道具として使うのは…
依頼者のさらに先にいる…弁護士さんなので。

 

その弁護士さんの使いやすさってコトを考えたら、依頼者に対しての見た目がどうとか?

 

そんなこんなよりも…
弁護士さんが受け取って。

 

使いやすいかどうか?

 

ってコトを考えて作成するのが良いのかな?

 

って僕は思う。

 

とくに、必要以上の余分な文章や表現をしてしまってる探偵事務所ほど…
あらためて作り変え作業が必要となるはずなので。

 

って考えたら、文章と画像が入り混じった状態の報告書の方が、それを使ったり作り直す人からしたら、面倒な作りの報告書であるとも言えなくもないかな?

 

別々の方が、使う人が万が一使いやすいように作り変えしたいと思ったら…
作り変えをしやすいので、使い勝手が良いのでは?

 

って僕は思うんだけどね…。

 

という事で、僕は習ったときは混在派でしたが。
今は別派って感じですかね?

報告とかについて(5)

僕は、最初は当然、探偵事務所で報告書の書き方を教えて貰い、そのあと様々な探偵事務所の仕事を行うことで、探偵事務所によって、報告書も様々だってコトを知ったわけで。

 

探偵事務所によって、用語も様々だったり。

 

探偵事務所によって、表現方法、項目の順序が違うとか?

 

例えば…
「所見」がある探偵事務所もあれば、無い探偵事務所があるとか?

 

「経緯やいきさつ」がある探偵事務所があれば、ない事務所もあったりとか?

 

中には…
行動調査じゃない限り、行動記録は書かないっていう探偵事務所も。

 

などなど。

 

これらの順序がが探偵事務所によって全く違ってたりとか?

 

あとは、行動記録が書かれてても…

 

調査対象者を主語にして書いてる探偵事務所もあれば、調査員からの目線で記録が書かれてる探偵事務所もあったり。

 

とにかく、探偵事務所によって、報告書の書き方、形式、などなど…
様々だってコトを、色んな探偵事務所の仕事をしてて知ったわけね。

 

関わった探偵事務所、それぞれから色々教えられて…
ウチの報告書も色々参考にしつつ変化させたりもしたけど。

 

でも、何度も言うように、年寄りの弁護士さんの裁判提出用の資料作成を頼まれてするようになってからは…

 

最初に習った基本の書き方に対して、プラスアルファって感じになってたのが…

 

逆に、

 

年寄りの弁護士さんから教えられたモノを基本に、多少のアレンジ程度って感じになったのね。

 

っていうか、それまでは、色んな要素を足し算して…
いかに、依頼者にアピール…

 

って感じだったと思うんだ。

 

無意識であったとしても。

 

しかし、年寄りの弁護士さんに関わって以降は…
引き算の考え方に変わったって感じかな?

 

とにかく、無駄な要素は削ったり引いて…
シンプルイズベスト
みたいな?

 

依頼者へのアピールではなく、その先の方…だよね?

 

だから、逆に、それ以降は…
色んな弁護士さん達に、案外良い感じの評価がもらえてるのかも?

 

ってふとね。

 

久々に、色んな探偵事務所の報告書の書き方とか、サンプルとかを見たりすると…
マジ、無駄が多すぎね?

 

って。

 

そもそも、この案件の目的って…
って事から外れてませんか?

 

って感じの報告書の書き方の探偵事務所が多い気がする。

 

実際、弁護士さん達と話してても、そういう話をする弁護士さん多いよね?

 

とある年寄りの弁護士さん言われたことなんだけど。

 

「細かく書いた方が良いのもあれば、逆に必要以上に、
細かく書きすぎたり、余分なことを書きすぎても良くないコトもあるので。」

 

みたいなこと言われたような記憶が。

 

まぁだいぶ昔の僕が駆出しの頃の記憶なので、なんとも、あやふやな感じですがね…

 

<主な調査業務の一覧

浮気調査不倫調査・男女問題などの浮気の確認及び、証拠映像の撮影
●素行調査・動向調査・現場確認・現地確認などの行動調査
盗聴器盗撮器確認調査
(盗聴・盗撮器発見、盗聴盗撮発見)
●その他の業務など

<行動調査などの主な活動地域の一覧

愛知県内地域
名古屋市内(緑区/中川区/守山区/北区/名東区/千種区/天白区/港区/西区/南区/中村区/昭和区/瑞穂区/東区/中区/熱田区)
尾張地域西尾張/東尾張/知多/一宮市/半田市/春日井市/日進市/長久手市/瀬戸市/尾張旭市/愛知郡東郷町/小牧市/稲沢市/東海市/江南市/あま市/大府市/知多市/北名古屋市/犬山市/豊明市/清須市/津島市/愛西市/常滑市/知多郡東浦町/岩倉市/弥富市/知多郡武豊町/海部郡蟹江町/丹羽郡扶桑町/海部郡大治町/知多郡阿久比町/知多郡美浜町/丹羽郡大口町/知多郡南知多町/西春日井郡豊山町/海部郡飛島村)
三河地区西三河/東三河/奥三河/豊橋市/岡崎市/豊田市/安城市/刈谷市/知立市/みよし市/西尾市/新城市/豊川市/蒲郡市/碧南市/田原市/高浜市/額田郡幸田町/北設楽郡設楽町/北設楽郡東栄町/北設楽郡豊根村)
東海3県(愛知県以外)
三重県/岐阜県美濃/東濃、東美濃/多治見市/恵那市/土岐市/中津川市/可児市/瑞浪市)
隣接県
静岡県遠州/遠江/浜松市/湖西市)/長野県南信州、南信、南信濃
その他の都道府県(北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県)でも現地に出向いての調査実績があります。

(※自動返信メールが届かない方は、拒否設定等何らかの原因により、メールが弾かれてる可能性があります。それらの設定解除後再送信、または別の連絡手段をご利用下さい。)

(フリーダイアル)

(IP電話アプリ)

友だち追加

(LINE公式アカウント)

(Twitter,ツイッター)

(Instagram,インスタグラム)

(WhatsApp,ワッツアップ)

(Skype,スカイプ)

(Telegram,テレグラム)

アイスブルー探偵社は、自由気ままで気さくなフリーランスの探偵さんが運営している愛知県豊田市の調査・探偵事務所・興信所です。当探偵事務所の主な業務は、不倫・浮気調査などの調査確認・証拠の映像撮影、人物撮影、素行調査などの行動調査(尾行、張込、撮影、追跡、監視など)、盗聴器・盗撮器の確認調査、その他の調査など、またGPS発信器の紹介販売などを行ってます。同業他社からの業務委託の請け負い、また複数の弁護士事務所からの紹介案件の受任も行ってます。逆に、弁護士事務所への紹介も無料で行ってます。調査料金は消費税は別途でいただいてませんし、ご相談下されば、着手金ゼロ・分割払いにも対応してます。行動調査につきましては、主な活動地域は名古屋市(熱田区/北区/昭和区/千種区/天白区/中川区/中区/中村区/西区/東区/瑞穂区/緑区/港区/南区/名東区/守山区)・尾張地区(一宮市/瀬戸市/春日井市/犬山市/江南市/小牧市/稲沢市/尾張旭市/岩倉市/豊明市/日進市/清須市/北名古屋市/長久手市/東郷町/豊山町/大口町/扶桑町/海部郡/津島市/愛西市/弥富市/あま市/大治町/蟹江町/飛島村/半田市/常滑市/東海市/大府市/知多市/阿久比町/東浦町/南知多町/美浜町/武豊町)・三河地区(西三河/岡崎市/碧南市/刈谷市/豊田市/安城市/西尾市/知立市/高浜市/みよし市/幸田市/東三河/豊橋市/豊川市/蒲郡市/新城市/田原市/奥三河/設楽町/東栄町/豊根村)など愛知県全域と三重県・岐阜県を含む東海地方、隣接する長野県・静岡県を含む中部地方(他にも新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県)ですが。実際には、関西・近畿地方(大阪府/京都府/兵庫県/滋賀県/奈良県/和歌山県)、関東甲信越地方(茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県)、中国・四国地方(鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県)も場所によっては日帰りでの調査の実績もありますし、調査内容により日本全国調査可能です。九州(福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県)・東北(青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県)・北海道には依頼者もおり、実際に現地に出向いての調査実績もあります。24時間・年中無休、いつでも気軽にご相談下さいねっ!(^^)

トップへ戻る