愛知県名古屋市近郊の調査・探偵・興信所|中部・東海地方を含む日本全国対応|不倫調査 浮気調査 証拠収集 映像撮影|行動調査 素行調査 人物撮影|盗聴器盗撮器(盗撮カメラ)の発見・確認調査 GPS端末(GPS発信器)販売|臨機応変 柔軟対応 日時指定不要 緊急出動 依頼者同行|消費税・着手金無し 分割対応|証拠撮影 弁護士紹介|愛知県豊田市 アイス・ブルー探偵社

弁護士からの仕事…(1)

弁護士さんからの仕事について(1)

弁護士さんからの仕事について(2)

弁護士さんからの仕事について(3)

弁護士さんからの仕事について(4)

弁護士さんからの仕事について(5)

弁護士さんからの仕事について(6)

弁護士さんからの仕事について(7)

弁護士さんからの仕事について(8)

弁護士さんからの仕事について(9)

僕はそんなこんなで、同業他社の探偵事務所同様、何故か愛知県豊田市以外の複数の弁護士事務所からも仕事を…ってことにも。
実際、弁護士さんからウチを紹介されてきたっていう人達、何人もいると思うんだけど。
まぁそれなりにこの仕事をしてきたので…僕なりの忖度なく思ったことや経験をダラダラと。
なので地域によっては弁護士紹介も出来ますよ。

弁護士により考え・方針、解釈などが違うので、弁護士に合わせて調査方針を変えるなどの対応をしてます。
また地域により裁判所の判断相場も変わるため、その裁判所の管轄内の弁護士の判断に調査方針も対応。

弁護士さんからの仕事について(1)

あくまでも僕の場合の話ですが。

 

と言っても、弁護士さんからの仕事と言っても、どのように関わるかは、弁護士さんによって様々だったり。
同じ弁護士さんであっても、案件によっても様々なので、ホント一概ではないんだよね。

 

ここ数年は、あまり無くなってきてるんだけど。
でも以前は、よくありがちな感じだったんだけど。

 

いつものように、突然の電話が。
で、話を聞くと…

 

「弁護士さんからそちらを紹介されて…」

 

って感じで。

 

その際、どこの弁護士さんからの紹介なのかを教えてくれる人もいれば、全く教えてくれない人もいたりと、様々なんだけど。
まぁ昔のウチの依頼者から紹介されて…みたいな?
それに近い感じで。

 

それがたまたま、弁護士さんからの紹介だった。
ただそれだけ。

 

っていうケースの場合、正直、弁護士さんは、あくまでウチを教えただけで。
そこからについては、当人同士で話をして…ってコトで、ほぼほぼ弁護士さんはノータッチ。

 

この場合、とにかく弁護士さんから仕事の紹介はされてるけど…
ただそれだけって感じだよね。

 

当然だけど、紹介料なり何かが…ってコトは、あるわけもなく。
そりゃそうだよね?

 

だって、そもそもどこの弁護士さんからの紹介なのかすら教えてもらえないケースもあるわけで。

 

ちなみに、このパターンの弁護士さんと直接話した時、たいてい…

 

「そちらを紹介するときの為に、名刺数枚か、料金表か何か貰える?」

 

って言われる程度かな?

 

あとは、

 

「これからも探偵の必要なときは、いつでもそちらを紹介しても良いかな?」
「今まで、何人か紹介してきたけど、料金も内容も良かったし、どの人からも感謝されるので。」

 

って。

 

とにかくこんな軽い感じですよ。

 

そもそもこのケースの弁護士については、僕から紹介料なんて全く考えてないみたいだし。

 

それよりも、紹介しても文句も言われないような…
調査内容、映像のクオリティ、最終総支払額…

 

これらのことを気にしてる感じかな?

 

でもそもそものウチを知ったきっかけが、ウチの依頼者から調査報告を見せてもらったり、料金についてなどを聞いて…

 

「今まで色んな探偵事務所のを見たり話を聞いた中で、一番良かったってコトで、(ウチの依頼者から)どこの探偵事務所かを教えてもらった。」

 

って、どの弁護士さん達も言ってたので…

 

このケースの弁護士さん達からしたら、何かあたらいつでも紹介が出来る探偵事務所…
でもって、その弁護士が求めるレベルをクリアできてて、しかも料金面についても問題がないし、依頼者との間で、問題も起こさない…

案外、依頼者との間に問題を起こしてる探偵事務所はそこそこあって。
だから探偵事務所のサイトで、弁護士事務所紹介…
ってとこの中には、そこの探偵事務所の依頼人の為のではなく、依頼人と揉めた時に、探偵事務所側にたって…
っていうケツ拭きの為の弁護士事務所を…紹介してるに過ぎない。
って話をとある弁護士に教えてもらったことが…。
だから、目先の紹介料などよりも、料金面、クオリティ面、その他で…
そのようなことがなさそうだと思える探偵事務所が…
って言ってたかなぁー?

ってな?

 

ホント、紹介だけで終わり…ってケースの弁護士さんからの仕事は、こんな感じですかね?

 

ちなみに僕が弁護士さんを紹介する際も、ほぼこんな感じですかね?

 

「とりあえず僕の名前を言えば、(そこの弁護士さんは)たぶん分かると思うので…」

 

って。

 

っていうか、そもそも僕とは面識のない弁護士さんとかだと、こういうパターンは多いかも?
あとで、直接弁護士さんたちと話す機会があった時…

 

「なんか、そちらの依頼者さん達と話してて、良さ気だったので、勝手にそちらを紹介してましたー。」

 

って言われたことが何度かあったかな?

弁護士さんからの仕事について(2)

あくまでも僕の場合の話ですが。

 

と言っても、弁護士さんからの仕事と言っても、どのように関わるかは、弁護士さんによって様々だったり。
同じ弁護士さんであっても、案件によっても様々なので、ホント一概ではないんだよね。

 

最近、ちらほら増えてきてるケースとして。
これまた突然、電話が。

 

で、出てみると…面談中なのか、面談後なのか、そこは弁護士さんによって様々なんだけど。

 

とにかく突然、直接弁護士さんから電話があって…
面談中の人の場合は、たいてい…

 

「このようなケースの場合、調査的にはどうなの?」
「何か調査は出来そう?」
「もしやるなら、どんな方法が考えられる?」
「それをやったらいくらくらいかな?」

 

みたいな?
そんな質問をされたりして…

 

場合によっては、そのまま…弁護士さんから目の前の相談者?依頼者?さんと直接電話に。

 

結局は、法律相談って、時間制で料金発生することもあるので…
日を改めて、僕とその人と直接話を。

 

とか?

 

または、弁護士さんによっては、

 

「そちらを紹介した人がいるので、近々そちらに連絡があると思うので、その時は色々相談に乗ってもらえますか?
守秘義務もあってこちらからは話せないので、詳しいことはその人から直接話を聞いてください。」

 

って。

 

とにかく、弁護士さんから直接電話があり、その場で調査に関しての質問なり何か話してくるケースもあれば…
単に、紹介したってことだけの連絡をしてくるだけとか?様々だけど。

 

そこから先は、さっき書いたのと同じで、僕と当事者と二人だけで日を改めて話をして…
そのまま調査の打ち合わせから契約を…って感じで。

 

そこら辺りには、弁護士さんもノータッチで。
まぁ言ってみれば、さっきのケースのとほぼほぼ変わらないかな?

 

だだ最初の連絡が、その人本人からなのか?弁護士さんからなのか?
そこが違うだけって感じかな?

 

ちなみに、このケースの弁護士さんは、一度それなりに面識があるケースが多いけど。
なかには、全く面識は無いんだけど…

 

ウチの依頼者から色々紹介されて、僕は知らないけど、弁護士の方は僕を知ってた。
っていうケースも。

弁護士さんからの仕事について(3)

あくまでも僕の場合の話ですが。

 

と言っても、弁護士さんからの仕事と言っても、どのように関わるかは、弁護士さんによって様々だったり。
同じ弁護士さんであっても、案件によっても様々なので、ホント一概ではないんだよね。

 

これまたちらほら増えてきたケースとして。
これまた突然、弁護士さんから電話が。

 

で、弁護士さんも守秘義務がるので、その話せる範囲で、ちらっと。

 

で…まぁそんなこんなで、日を改めて、弁護士さんに呼ばれて、弁護士事務所に。
そこで、僕、弁護士、その案件の依頼人…。

 

で、弁護士事務所で、調査に関しての相談、打ち合わせなどなど。
で、調査方針が決まれば、弁護士さんの目の前で、ウチとその依頼人との間で、調査委任契約。

 

調査契約については、最初に合った日とは別日に、3人のスケジュール調整をして、また日を改めて…ってコトが多いかな?
これまた、その弁護士さんにもよるんだけど。

ざっとの調査料金の見積もりについては、その場で話してるけど。
そのままその場ですぐに契約書を交わすよりも、3人で打ち合わせをした内容に合わせて…
一旦僕が戻って、契約書をパソコンで作成して…。
で、日を改めて契約書を交わすとか?
その間に、打ち合わせた内容に合わせて、お互い、調査に必要なものを準備したり、取り寄せておくとか?
で、最終的に契約書を交わすときについでに…
僕の方で取り寄せておいたものなどを依頼者に渡すとか?
逆に、依頼者の方で用意したものを僕や弁護士さんに渡すとか?
ってな感じの流れが良いっていう弁護士さんにもいたりするので。
弁護士さんにもよるんだけど。

話は戻るけど。

 

このケースの場合…
「どんな調査が出来るのか?」
「どこまでの調査が必要なのか?」
などなど打ち合わせの際、話をするんだけど…

 

現状については、一番よく分かってるのは
…依頼者自身

 

法的な事やどこまでの証拠があれば良いのかについては
…弁護士

 

どのような調査が出来るのか?
そのような調査が可能なのかどうなのか?
出来る限り安く効率よく目的達成させるには、どのような方法が適してるのか。
これら調査についての提案をするのは
…僕

 

とにかく、3人で、あれこれ話をして…
調査方針を決定。

 

で、それに合わせて、見積もり出して、契約。
契約については、弁護士事務所などで、弁護士さんの目の前で…
ウチと依頼者との間で交わす。

 

って感じのもあるんだけど…これは、弁護士さんにもよるけどね。

弁護士さんからの仕事について(4)

あくまでも僕の場合の話ですが。

 

と言っても、弁護士さんからの仕事と言っても、どのように関わるかは、弁護士さんによって様々だったり。
同じ弁護士さんであっても、案件によっても様々なので、ホント一概ではないんだよね。

 

僕に関しては、無くは無いけど…
そこまでよくあるケースでも無いんだけど。

 

弁護士さんから直接連絡があって…
そんなこんなで、本来のその案件の依頼者とは話したり、契約を交わさず…

 

調査の打ち合わせから何から何まで…全て、弁護士さんと1対1で、話を…ってケース。
このケースの場合は、当然、弁護士さんがウチの直接の依頼者…ってコトで契約を交わしてるんだけどね。

 

このケースは、滅多にないんだけどね。

 

で、こんなケースは、どんな時になのかって言うと…
僕が覚えてる限りとして。

 

僕自身はその本来の依頼人については、全く面識ないんだけど。
弁護士さんの方の判断で、僕と直接関わらせてしまうと…

 

例えば、暴走してしまうとか?
などなど。

 

とにかく、弁護士さんにも弁護方針ってモノがあるんだろうけど、その通りに行おうにも…
本来の依頼者が暴走してしまったりしたら、全て台無しになってしまうとか?

 

また、調査の途中でもどこかで何か知っただけでも、暴走しかねないとか?

 

っていうか…ぶっちゃけ、ウチの依頼者達って、こういうケースの人たちって、メチャっメチャ多いんだけど。
いや、ウチの依頼者に限った話でもなく、どこのお探偵事務所の人たちと話してても…
勝手な判断で暴走してしまうとか?
感情的になって暴走してしまうとか?
そんな人たち、当たり前のように沢山いるんだけど。

 

で、弁護士さんからの紹介案件の人たちの中にも、こういう人たちは何人もいるのね。

 

で、普段なら、ウチを紹介だけして終わり…・
っていう弁護士さんであっても、何故か…

 

「今回の人については…」

 

って、一切本来の案件の依頼者を入れず、直接弁護士さんが依頼者となって…
っなんててコトも。

 

僕がその人と直接調査委任契約を交わした場合、報告などは基本的に依頼者にだし。
調査方針についても、まずは依頼者と…ってなるわけで。

 

そうなった場合、ややこしくなる可能性が確実に見えそうだって弁護士さん自身が判断したって事なんだろね?

 

弁護士さんから紹介だけされてきた人たちで、色々暴走してしまってる人たちは何人もいるんだけど。
そういう人たちと比べても…

 

って事なんだろね?

 

中には、本来の依頼者の方から…

 

「契約は私が直接行いますが、調査の事での話や報告などについては、直接先生と行ってください。」

 

っていう人もいるのね。

 

また、

 

「報告だけ、弁護士さんの方にお願いします。」

 

っていう人などなど。

 

または、途中から…代理人である弁護士さんの方から、

 

「色々暴走してしまってることがあるので…今後は直接依頼人とではなく、こちらにお願いします…。」

 

って、困り果てた感じに弁護士さんから言われたことも。

 

とにかく、確かに昔から、感情的になって、勝手に暴走してしまう…っていう人たちは沢山いたけど。
また、安易な自分勝手な判断で暴走してしまう…なんて人たちも。

 

しかし…なんだろ?

 

とにかく、最近は、その度合いが明らかに酷い人たちが、ちらほら増えてるって事なんかねぇー…?

 

直接、弁護士さんと契約を交わした場合…ウチの直接の依頼者は弁護士さんなので。
本来の弁護士さんの依頼者から何かあっても、僕は何も出来ないので。

 

っていうか、そういうケースの場合って、そもそも弁護士さんから、依頼者について連絡とか何も聞かされてなかったりすることが多いかな?
まぁこの辺りについても、弁護士さんによって、ケースバイケースだけどね…。

弁護士さんからの仕事について(5)

一般の人たちが、

 

「弁護士さんからの仕事…」

 

って言った場合、どういうイメージなのかは、僕は知らんけど。
僕の場合は…こんな感じですかね?

 

とにかく、これらって、弁護士事務所によっても違うし。
同じ弁護士事務所でも、弁護士さんによっても違うかな?

 

また、連絡についても…直接連絡が出来るケータイ番号を教えてもらってる弁護士さんもいれば、いつも事務所に電話して、受付経由で…
っていう弁護士さんもいたりと、様々ですので。

 

これは、弁護士と契約したっていう依頼者たちと話してても…
連絡となると、担当の弁護士さんの直接ケータイ番号などを教えて貰ってるっていう人もいれば、常に受付経由でしか担当の弁護士さんに連絡が取れないっていう人たちもいるので。

 

これって、探偵事務所でも同じだよね。

 

他社探偵事務所から仕事を頼まれて行ってたりしていても…

 

担当の営業さんや元請けの直接のケータイ番号なりを教えて貰ってて、いつでもそこに直電出来る元請けもあれば。

 

何か連絡したくても、常にその事務所の営業時間内に事務所に電話して…
誰か受付を経由しないと、その案件の担当に連絡が取れないとか?

 

現場で想定外のことが起きてしまい、夜中とか変な時間に急きょ連絡を取って、そちらに判断を…
って思っても、現場から連絡が取れずに…何てこともあったりするわけで。

 

とにかく、

 

「弁護士さんからの仕事…」

 

と言っても、ホント、弁護士さんの関わり方も、様々だし。
連絡についても様々だし。

 

って感じですかね?

 

他の探偵事務所はどうか知らないけど。

 

僕の場合は…弁護士事務所によって様々だし、同じ弁護士事務所であっても、弁護士によって、様々かな?

弁護士さんからの仕事について(6)

ただただ、弁護士さんから紹介だけされて…
っていうケースについては、また違てくるんだけど。

 

弁護士さんを交えて、調査のやり方?方針?などなど。

 

あれこれ話し合ったりした結果、契約ってなると、結局は…

 

調査料金の事例

 

の内の中のどれかって感じがほとんどだよ。

 

この中には、

 

「1日のみの調査」
「緊急出動」
「2日間の調査(その1)」
「2日間の調査(その2)」
「調査員2名(1日のみ)」
「出張費あり」

 

と言った感じで、6パターンの事例が。

 

で、なんだかんだ言って…

 

「とりあえず1日だけ調査をやってみて…」

 

ってことになれば、

 

「1日のみの調査」の事例みたいな感じの契約を。

 

また、

 

「この日って特定出来ないからなぁー…」

 

みたいな話になった時は…

 

「緊急出動」の事例みたいな感じの契約を。

 

っていうか、ここ数年、弁護士さんが絡む案件…
それぞれ違う弁護士で、違う内容、状況であっても…

 

7,8割の案件は、この2つの事例での契約かなぁー?

 

もっと言えば、去年の弁護士さんからの紹介案件の内の8割は、「緊急出動あり」の契約だったかな?

 

残りの1割が、「1日のみの調査」で。

 

曜日指定が出来たり、とりあえず週末のどちらかが怪しい…
みたいな?そんな人たちであれば、
「2日間の調査(その1)」
「2日間の調査(その2)」

 

のいずれか?

 

既に調停や裁判に…とか?
すでに揉めてる状態とか?状況がややこしくなってたり。
または徒歩がらみの案件とかで…

 

「調査員2名(1日のみ)」のとか?

 

でも、ここ数年、たいていの案件…僕一人で出来ちゃうし、そもそも緊急出動のって、急きょ人数集めるなんて、どこの探偵事務所もできないし。
だから一人じゃないと対応無理だから。

 

だから、なんだかんだ言って…

 

「緊急出動あり」か…
とりあえずの「1日のみの調査」

 

このどちらかに落ち着く感じですかね?

 

よく、「とりあえず数日…」とか、「とりあえず1週間…」などなど…
みたいな?

 

そういう契約の仕方とか…。

 

または「〇時間パック料金」とか「〇日間パック料金」っていうのとかあるけど。

 

弁護士さんと話してても…

 

「とりあえず1日だけ調査して…で、十分なので。数日分とか不要でしょ?」

 

「日時指定が出来ないので、緊急出動対応してくれるなら、緊急出動してくれた日の1日分だけでとりあえずは良いでしょ?」

 

「その1日分だけやってみて、それで足りなかったり、想定外のことが分かれば、またその状況を踏まえて、打ち合わせして…
あらたに、1日だけの調査なり、調査員の増員の必要がるなら増員しての契約するなり、また改めて考えれば良いよね?」

 

「最初から、数日間とか、調査員複数人とか…余分な調査なんて、やる必要ないでしょ?」

 

って感じに、どの弁護士さんと調査の打ち合わせをしてても、いきなりそんな設定の話にはならないけどね。

 

もしあっても…ってか、そー言えば、以前直接弁護士さんと契約を交わした案件で、

 

「2日間連続で様子を見てくれるかな?
その状況次第で、今後の弁護方針をどうするか判断したいので。
とりあえず2日間だけ見てくれれば良いので。」

 

っていう案件があったけど。
それくらいかなぁー?

 

たいていの案件は…

 

「まずは、とりあえず1日だけの調査してみてくれるかな?
その状況次第で、今後どうするか、判断したいので。」

 

って感じか…

 

「おそらくいつか、密会して、ラブホテルなりに行くと思うので…
そのとき、緊急出動して、1日だけ調査してみて、何か押さえれるようなら押さえてくれれば良いので。」

 

って感じだよ。

 

で…ラブホテルとかが押さえれたときは、

 

「とりあえず、この1回分だけで十分かな?」

 

って言われて終わり。

 

とにかく、調査料金の事例を見てくれれば分かると思うけど。

 

僕が弁護士さんと打ち合わせて…って感じの時って、たいてい…

 

あの中のどれか。

 

で、ほとんどの場合、とりあえず、本調査1日分だけの契約…って感じだよ。

 

数日間とか、1週間…数週間とか、1か月間…などなど。

 

いきなりそんな契約って話に、どの弁護士さんもならないけどね。

 

うちの場合はね。

弁護士さんからの仕事について(7)

これまた弁護士さんにもよるんだけど。
とある弁護士さんは、毎回毎回…

 

「よく探偵事務所が作ってくるような、変な冊子の報告書なんかじゃなくて、テキストベースのをメールで送ってくれれば良いので。
紙の冊子とか、あーいう余分なのは、とにかく使いづらいので、いらないので。」

 

って打ち合わせの後、とにかく毎回言われるのね。

 

他にも僕が関わってる弁護士さんって、たいがいこんな感じで、冊子の報告書で提出されるよりも、テキストベースかどうかはそれぞれだけど。
データ状態のをメールなり、USBメモリ、SDカード…
媒体は何でも良いけど、とにかくデータ状態で提出して欲しいって感じの人が増えてるかな?

 

で、僕以外にも、同じように弁護士さんからの仕事を…
っていう同業者と話してても、やっぱりデータ状態で提出して欲しいって感じの弁護士さんが増えてるらしい。

 

わざわざ紙媒体にして、手間とコストをかけて…その分を調査料金に上乗せして、依頼者に提出したところで。

 

その依頼者経由で、受け取る弁護士さんが…

 

「紙媒体の冊子じゃない方がいいので。」

 

っていうなら、データ状態での報告の代わりに…その分料金を下げたらどうかな?

 

って思うんだけどね。

 

ってコトで、ウチの行動系の調査って…気が付けば、「パターンA」の契約の人たちだらけ。

 

弁護士さんを交えて、調査の打ち合わせから…契約。

 

どちらかと言うと、弁護士さんを交えて依頼者と話をしてると…

 

「紙媒体の冊子の報告書じゃなく、データ状態での提出ならば、その分安くなるんだよね?
だったら、そっちの料金(「パターンA」)での契約で良いよね?
こちらも出来れば、紙媒体の冊子の報告書じゃない方が、使い勝手が良いので。」

 

って、見積もりの時、弁護士さんが、ちらっと言ったりも。

 

まぁそんなわけで、僕?ウチ?の場合は…弁護士さんの関わり度が多いほど、そんな感じに。

 

それに、今は依頼者達も、ガラケーじゃなく…
スマホやタブレットとかだったりするので、スマホ内に隠し持って歩けたりもするし…
弁護士さんに見せる時も、そのままスマホやタブレットで見せることが出来るからね。

弁護士さんからの仕事について(8)

これは、弁護士さんにもよるんだけど。

 

弁護士さんによっては…

 

突然電話が鳴って出てみると…
知り合いの弁護士さん。

 

で、ざっと(弁護士さんも)守秘義務もあるのだろうから…
とりあえず、話せる範囲で、ざっと概要を話してもらって。

 

で、

 

弁「この場合、どんなやり方(調査方法など)があるかなぁー?」

 

って。

 

で、

 

僕「今話を聞いた感じの状況で。
先生が求めてるモノがそれで…」

 

弁「ふんふん。」

 

僕「更に詳しいコトを聞かないと、何とも言えませんが。
おそらく、こんな感じのやり方ですかねぇー?
それが一番効率良くて、安上りかな?と思いますけど。」

 

弁「ふんふん。」

 

僕「何故なら…」

 

で、僕の場合…
弁護士さんに限らず、一般の相談者とかであっても…
その場で、僕なりに考えた調査方法などをある程度、説明できる範囲で、説明するんだけどね。

 

弁「なるほどね…。」

 

僕「ただ、先生も、(本来の依頼人とは違い、守秘義務もあるので)今の段階では、更に突っ込んだ詳しい状況など話せないと思うので、仕方ないのですが。」

 

当然だけど…
直接の依頼人や相談者であれば、弁護士さんとは違い、
その時その場でさらに、その人のその場の判断で、その人が話せる範囲で…
もう少し詳しい状況などを話してもらったりできたりも。
そうすれば、さらに突っ込んだ調査方法、調査体制なども考えられるので、細かな説明や見積もりも出せたりも。

 

僕「また後で、詳しい話が聞ける状況になって、そこで細かな状況とかを聞いたら、
また調査方法や調査員数とか色々と、根本的にを考え直すなどしないとけなくなるかもしれませんが。」

 

弁「まぁ確かにね…。」

 

僕「とりあえず、今話を聞いた限りで、色々考えた感じだと…
こんな感じの調査方針と体制で…
が、良いのかなぁー?
って思います。」

 

弁「なるほどね。
とりあえず、今話した感じだと、確かにそれって感じしか…だね?」

 

僕「それでも実際に現場の状況とかを確認とかしてるわけでも無いですし。」

 

ってか、そもそも一般の人たちとは違い、弁護士さんは守秘義務もあるので…
この段階では、弁護士さんからは、漠然とした話しか聞いてないので。

 

具体的に詳しい場所も何も教えて貰ってないので、ストリートビューで確認すらできてない状況なのでね。
あと、調査がどんな人であるとか。
どれくらいの警戒心があるのかとか。
などなど…あれやこれや…どれほどとかってコトも…
とにかく何もまだだし。

 

僕「調査以前に、まだ何も聞いてもやってもいないので…
今聞いてることも、依頼者?先生?どちらの事前想定なのか分かりませんが…
実際の状況が、その想定通りの状況なのかも分からないので、何とも言えませんが。」

 

弁「まぁ確かにね…。」

 

僕「実際に現場に確認に行ってみるなり、実際に一度調査を行ってみた結果…
再検討しなきゃならないかもしれませんが。
とりあえず今は…ですかね…。」

 

弁「そりゃそうだね。それは仕方ないよね。」

 

って答えると、

 

弁「とりあえず、もしそれで行ったら、大体いくらくらいかな?
ざっとでいいから。」

 

僕「たぶん、僕一人で出来そうだと思うので…
1日○時間の調査だけで良ければ、○万円と別途経費ですかねぇー?
延長の場合は、1時間あたり、○円ですね。
連日調査の場合は、多少の割引もあります。」

 

弁「なるほどね。」

 

僕「ただ、事前予定外の緊急出動みたいな感じになりそうな雰囲気ってありますかね?
もしそうであるなら、その時は追加で緊急出動として、
25,000円ですかね?」

 

弁「じゃぁそれで頼むわ。
もしかしたら緊急出動の可能性あるかもってことを想定しててくれた方が良いかも?
で、いつからできる?」

 

僕「いついつからなら、よっぽどスケジュール空いてますけど。」

 

弁「じゃぁ○月○日にとか?そのあたりとかで、1日分やってみてくれる?
詳しくはこちらで再度確認してから連絡しますわ。」

 

僕「分かりました…
ってか、それより先生、探偵業法とかもあるので、契約書の方と…
あと、そもそも細かい現場の住所などとかもまだ詳しい事は聞いてないのですが…」

 

弁「あぁ、契約書は、署名捺印して送り返すだけで良いのを郵送で事務所に送っておいて。」

 

僕「分かりました。
あと…」

 

弁「あぁ細かな住所とか詳しい情報とかね。
それはまたあとで、メールとかで送っておくわ。
それかまたあとで連絡するわ。」

 

ってな?

 

そんな感じで、そんなこんなでその後…メールとか送られて来るなりして…。

 

で、それを見て…現場の状況とかをストリートビューを見たりして。
疑問点とかがあれば、電話して…

 

僕「あのぉ…。
先生、ストリートビューで現場見ましたが…」

 

弁「こっちでも見たけど。
こんな場所で、どーやって調査するの?」

 

僕「あの。
先生…それ、僕が聞きたいですよー。」

 

ってコトで、ストリートビュー見ながら、これまで教えて貰えなかった詳しい状況などを聞きつつ…
あれこれ弁護士さんと電話で話して…。

 

で、半分騙された気分?憂鬱な気分で現場に…。

 

みたいな?

 

とにかく、この一連のながれを見てて。

 

僕…電話とメール、郵送だけで…
調査の打ち合わせから契約まで終わらせてるよね?

 

そう。

 

いちいち、直接会って…何てことはしなくても、打ち合わせも契約も出来てるわけね。

 

まぁ弁護士さんによっては、つどつど、事務所に呼ばれて…打ち合わせ…。

 

っていう弁護士さんも。

 

また、1度は直接会うけど、その後は全て電話とメールで終わり。

 

っていう弁護士さんも。

 

とにかく、探偵事務所とかのサイトの中には、

 

「事務所で会って…をしない探偵事務所はダメです。」

 

とか書いてる探偵事務所もあるけど。

 

とある弁護士さんと話してた時、

 

弁「相談とかだけなら、電話だけで出来るよね?
逆に、相談だけで事務所に行ってしまって。
下手に何となくの流れで、その場で契約してしまったら…
クーリングオフの対象外ってコトになってしまうのでねー。」

 

ってな話をしてたかな?

 

それにウチは、遠方の依頼者とか?なかなか余分な時間を作るのが難しい依頼者とかが多くて。

 

で、県警本部に相談したら、

 

警察「局留め郵便を使って、契約書を交わせば、郵便物が自宅に届かないので、バレずに契約できるから。
直接会えない人は、直接会わずに、そういう方法で契約書を交わすのもありですよ。」

 

って。

 

その当時の署轄の担当は、どんなことをしてでも直接会って交わせと言ってたけど…
県警本部も弁護士さんも、郵送での契約で問題ないと。

 

だから、弁護士さんからの仕事であっても、弁護士さんによっては、一度も会わずに、契約から報告まで終わらせてしまったり。

 

で、たまに相談の人と話してると…

 

相「詳しいことは直接会って話さないと…
とりあえず、事務所に来てもらって…。
って探偵事務所に問い合せをすると言われるんですけど。」

 

みたいな話を聞くけど。

 

今どき、現場の大体の雰囲気だったら、ストリートビューで分かるよね?

 

とは言え、実際に現場に行ってみないと…
ストリートビューを見ただけでは分からないことも、確かにあるけどさ。

 

とは言え、相談ってコトで、事務所に行ったところで、結局は一緒に現場を見に行って…
あーでもないこーでもないと…
そういうコトは、どーせしないでしょ?

 

僕の場合、ストリートビューをみても、イマイチ知りたいことが分からない…
現場を見てみない事には、見積もりを出すにも、調査方針を考えるにも…
判断に迷う…。

 

って感じの時は、事務所で会って、あーだこーだ話すのではなく…
依頼者、相談者と一緒に現場に身に行ってみて。

 

現場で実際に見た状況を踏まえて、依頼者、相談者と…
どーするか調査方法について話し合って、それに合わせて見積もりを。

 

そう。

 

事務所で会って話すだけなら、わざわざ直接会わなくても、打ち合わせは出来るよね?
実際、僕は弁護士さんによっては、電話だけで話を済ましてたりも。

 

さっき書いたように、

 

弁「相談程度だけで、わざわざ事務所に出向いて…
気が付けば、そのまま契約書を交わしてしまった場合は、それ以外のケースと違い、クーリングオフの対象外になってしまうのでね。
それを狙っての営業トークだよね?」

 

って。

 

探偵業法が出来る前は、私書箱とか、そういうのを使って…各地に事務所や営業所があるように見せかける…。

 

ってコトを行ってる探偵事務所が多かったけど。

 

まぁ今でも、どこか一カ所以外は、探偵業届出証明書番号が無いってとこは、それ以外の地名は、その可能性が。

 

しかし、今は探偵業法があり、探偵業届出証明書番号がある場所については…
ちゃんと警察が立ち入り検査を行ってる場所であるわけなので。

 

ってコトは、ちゃんと警察が定めた条件を満たされてるコトは警察が確認済みなわけで。

 

なので、そこはあまり、どーでも良い事かと。

 

っていうか、

 

「事務所でちゃんと契約を…」

 

っていう探偵事務所ほど、僕の経験上…
自社調査を行ってなくて。

 

ウチみたいに自宅でやってるフリーランスに調査の丸投げしてりすることが多いよね。
当然、契約は郵送で、支払いは銀行振込。

 

直接会わずにね。

 

たしかに、一度も会ったことも無い…面識のない人や探偵事務所と、契約を交わす…
ってのは、不安になったりもすると思う。

 

けど、僕に限った話でもなく。

 

同業仲間達と話してても、

 

「大体のことは、直接会わなくても電話だけで、それなりに見積もりくらいまで出せるよね?
まぁたしかに、現場に行ってみたり、実際に調査をしてみない事には、何ともってコトもあるけど。
一概には言えないけど。
でも、実際に一緒に現場を見に行くわけでもないのなら…
事務所であって、相談や見積もり出すのと、
電話で詳しい話を聞きながら相談したり見積もり出すのと、どう違うの?」

 

ってな話になるよね?

 

電話で詳しい話をしても、具体的な調査方法が思いつかないとか、大体の見積もりを出せない人が…
現場を見ずに、結局事務所であって話すだけで、何が変わるの?

 

って事だよね。

 

であるならば、最初から問合せの電話の段階だけで、ある程度…ちゃんと話をしたりすれば…
ある程度のことまでは済ませれるよね?

 

実際、弁護士さんにもよるけど…
弁護士さんからの仕事であれ、

 

「事務所でちゃんと会って…」

 

ってなことを言ってる探偵事務所が、下請けに仕事を振るときって…
電話とメールと郵送とか?

 

ほぼ会わずに契約から報告までね。

 

どの元請け探偵事務所もね。

 

「弁護士さんからの仕事について」

 

と言いつつ…の話でしたとさ。

弁護士さんからの仕事について(9)

弁護士さんからの紹介案件って…
ぶっちゃけ、ややこしくなってからの案件が多いんだよね。

 

一般の人が、ネットなどで見つけて、ウチの相談依頼してきて…
って感じの人たちでも、当然ややこしくなってしまった後の人たちはいるし。

 

っていうか、年々そういう人たちが増えてるって、業界内でも言われてる。

 

であっても、弁護士さんからの紹介案件は、さらにややこしくなったあとの人の割合が多いし。

 

それは、今に限った話でもなく、昔からね。

 

既に喧嘩して別居してしまった後とか?

 

既に調停とか、裁判に…
って事になってるっていう人たちの案件割合が、めちゃめちゃ多い。

 

去年(2021年)、いくつかの弁護士事務所からの紹介案件をやったけど。
どれもこれもが、喧嘩して別居や家出後…
既に調停や裁判に…。

 

ってのだらけ。

 

警戒心もめちゃくちゃだし…とかとか?

 

マジ、泣きそう。。。

 

で、それはそれとして。

 

警戒心は、ハンパないし。
ってコトを考えたら…そもそも今って、警戒して…
ラブホとかに行くかなぁ?行ってるのかなぁ?

 

部屋があるなら、部屋に連れ込んだりしてないかな?

 

そもそも今は向こうも弁護士のアドバイスを聞いて…
警戒して、滅多に会ってないかもしれないよね?

 

と言った感じに、同居してる時と比べ、今の状況が全く予想が出来ない状態だったり。

 

とにかく、警戒心以外にも、色々面倒なことになってる案件は多いのね。

 

で、そういう案件ほど、チャンスも少なくなってしまったり、思うような動きをしてくれなかったりってのは、当たり前なので…
ってなると、いつも以上に、最低限どこまでのどんなモノを押さえれば、証拠として認めてもらえるのか。

 

っていうののボーダーラインを細かく把握していくべきだと思うんだよね。

 

チャンスが少ない分、難易度が上がってしまってる分…
必要最低限って事が、重要になってくるんだよね。
(-.-)b

 

そこで、弁護士さんによっては…

 

弁護士さんから連絡があり。

 

弁護士事務所に呼ばれて、依頼者を交えて…
打ち合わせなどなどを行ったりする…

 

そういう弁護士さんもいるんだけど。

 

その時は、弁護士さんも守秘義務もあり、あまり事前に教えて貰えず。
ただ、日時指定されて…。

 

で、日時指定されて、弁護士事務所に行って…
そこで、初めて、依頼人にあって。

 

で、そこで初めて、どんな内容の案件なのかとか?
具体的に説明されて…。

 

で、内容聞いて、かなり状況悪化しまくってて…
ほぼほぼ頭の中は半泣き状態。

 

当然、今は裁判となっていなくても、もしかしたら…裁判となる可能性もあるかも?

 

ってコトを前提として、今回のケースの場合は…
これらの状況を踏まえて…
最低限、どこまでの何を証拠として成立するのか。

 

その為には、どうしたら良いのか?

 

って話になるんだけど。

 

この時、目の前に依頼者がいるので、どこまでのことを僕に話して良いかは…
その場で依頼者に確認・許可を求めることが出来るので、それを確認しつつ弁護士さんも僕と話が出来。

 

今回の案件は、どこまでのモノを押さえさえすれば良いのか?が必要なのか?どうなのか。

 

その事については、目の前に弁護士さんがいるので、必要以上の余分な調査をする必要がなくなるわけで。
結果、依頼者にとっては、余分な調査料金を払わなくて済むわけで。

 

とかとか?

 

報告方法についても…
ケースバイケースだけど…

 

最近だと、そのまま僕から依頼者に送ると同時に、弁護士さんにも直接報告を送る…
って話になったりすることも。

 

その際は、どんな形式がその弁護士にとって良いのかも、同時にその場で、弁護士さんと確認しあうこともできるわけで。

 

そう考えると…

 

やっぱ、いきなり探偵事務所に問い合わせて、その探偵事務所の言われるがまま…
ってのが、一番良くないのでは?

 

って、僕は…。

 

ちなみに、こういう感じので、事務所に呼ばれた時…
依頼者の人がネットや他の探偵事務所の人からの情報で…

 

「ラブホであっても、回数が必要なんですよね?」

 

って聞くんだけど。

 

これまで、どの弁護士さんも、

 

「ラブホとかであれば、それなりに撮れてれば、1回あれば十分です。」

 

って。

 

ただ…ややこしくなってたり、家出や別居中の人が、そもそも、わざわざラブホに行くのか?

 

って話にはなるけどね…。

 

<主な調査業務の一覧

浮気調査不倫調査・男女問題などの浮気の確認及び、証拠映像の撮影
●素行調査・動向調査・現場確認・現地確認などの行動調査
盗聴器盗撮器確認調査
(盗聴・盗撮器発見、盗聴盗撮発見)
●その他の業務など

<行動調査などの主な活動地域の一覧

愛知県内地域
名古屋市内(緑区/中川区/守山区/北区/名東区/千種区/天白区/港区/西区/南区/中村区/昭和区/瑞穂区/東区/中区/熱田区)
尾張地域西尾張/東尾張/知多/一宮市/半田市/春日井市/日進市/長久手市/瀬戸市/尾張旭市/愛知郡東郷町/小牧市/稲沢市/東海市/江南市/あま市/大府市/知多市/北名古屋市/犬山市/豊明市/清須市/津島市/愛西市/常滑市/知多郡東浦町/岩倉市/弥富市/知多郡武豊町/海部郡蟹江町/丹羽郡扶桑町/海部郡大治町/知多郡阿久比町/知多郡美浜町/丹羽郡大口町/知多郡南知多町/西春日井郡豊山町/海部郡飛島村)
三河地区西三河/東三河/奥三河/豊橋市/岡崎市/豊田市/安城市/刈谷市/知立市/みよし市/西尾市/新城市/豊川市/蒲郡市/碧南市/田原市/高浜市/額田郡幸田町/北設楽郡設楽町/北設楽郡東栄町/北設楽郡豊根村)
東海3県(愛知県以外)
三重県/岐阜県美濃/東濃、東美濃/多治見市/恵那市/土岐市/中津川市/可児市/瑞浪市)
隣接県
静岡県遠州/遠江/浜松市/湖西市)/長野県南信州、南信、南信濃
その他の都道府県(北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県)でも現地に出向いての調査実績があります。

(※自動返信メールが届かない方は、拒否設定等何らかの原因により、メールが弾かれてる可能性があります。それらの設定解除後再送信、または別の連絡手段をご利用下さい。)

(フリーダイアル)

(IP電話アプリ)

友だち追加

(LINE公式アカウント)

(Twitter,ツイッター)

(Instagram,インスタグラム)

(WhatsApp,ワッツアップ)

(Skype,スカイプ)

(Telegram,テレグラム)

アイスブルー探偵社は、自由気ままで気さくなフリーランスの探偵さんが運営している愛知県豊田市の調査・探偵事務所・興信所です。当探偵事務所の主な業務は、不倫・浮気調査などの調査確認・証拠の映像撮影、人物撮影、素行調査などの行動調査(尾行、張込、撮影、追跡、監視など)、盗聴器・盗撮器の確認調査、その他の調査など、またGPS発信器の紹介販売などを行ってます。同業他社からの業務委託の請け負い、また複数の弁護士事務所からの紹介案件の受任も行ってます。逆に、弁護士事務所への紹介も無料で行ってます。調査料金は消費税は別途でいただいてませんし、ご相談下されば、着手金ゼロ・分割払いにも対応してます。行動調査につきましては、主な活動地域は名古屋市(熱田区/北区/昭和区/千種区/天白区/中川区/中区/中村区/西区/東区/瑞穂区/緑区/港区/南区/名東区/守山区)・尾張地区(一宮市/瀬戸市/春日井市/犬山市/江南市/小牧市/稲沢市/尾張旭市/岩倉市/豊明市/日進市/清須市/北名古屋市/長久手市/東郷町/豊山町/大口町/扶桑町/海部郡/津島市/愛西市/弥富市/あま市/大治町/蟹江町/飛島村/半田市/常滑市/東海市/大府市/知多市/阿久比町/東浦町/南知多町/美浜町/武豊町)・三河地区(西三河/岡崎市/碧南市/刈谷市/豊田市/安城市/西尾市/知立市/高浜市/みよし市/幸田市/東三河/豊橋市/豊川市/蒲郡市/新城市/田原市/奥三河/設楽町/東栄町/豊根村)など愛知県全域と三重県・岐阜県を含む東海地方、隣接する長野県・静岡県を含む中部地方(他にも新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県)ですが。実際には、関西・近畿地方(大阪府/京都府/兵庫県/滋賀県/奈良県/和歌山県)、関東甲信越地方(茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県)、中国・四国地方(鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県)も場所によっては日帰りでの調査の実績もありますし、調査内容により日本全国調査可能です。九州(福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県)・東北(青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県)・北海道には依頼者もおり、実際に現地に出向いての調査実績もあります。24時間・年中無休、いつでも気軽にご相談下さいねっ!(^^)

トップへ戻る